<< 2270:赤井英和に標準語の芝居をやらせる演出家は気が狂っている | main | 2272:フジョー >>

2271:ネオ中日

[DAZN]生
18-19 UCL グループH 3節
ユナイテッド(4P-2)×ユベントス(6P-1) 0-1
☆☆☆☆☆☆☆☆★★
拍手:A:ディバラ
監督:H:ジョゼ・モウリーニョ(ポルトガル)
監督:A:マッシミリアーノ・アッレグリ(イタリア)
会場:オールド・トラッフォード(10/23 火)
主審:ミロラド・マジッチ(セルビア)
八塚浩 永井雄一郎
・ユーベはマンジュキッチが怪我。ケディラとジャンも。
・バレンシアと同組なので、ユナイテッドのバレンシアがとても紛らわしい。
・4:ユナイテッドのフリーキック時、スタンドから乱入者。
・永井の「マンU」が気になる。(僕はJスポ等がEPGなんかでは字数の問題かマンU表記を使用しているのもどうかと思う) 「マンU」という呼び方にはよくない謂れがあり、ユナイテッドの熱心なファンで使っている人はほとんどいないのです。通常、マンチェスター・ユナイテッドを略して言う場合はマン・ユナイテッドか、単にユナイテッドと言います。
・A:17:0-1:ロナウドの右クロス、ニアでクアドラードが潰れたこぼれ球をディバラが押し込みユーベ先制。
・昔、JOMO杯でチラベルトがいなくてキックオフやり直しになったことありましたよね。JOMO杯は最後の方はバッジオが来たり、すごかったなぁ。その時たしかスーパーサッカーがバッジオに俊輔のビデオを見せて感想を聞いていた。アンダーのアルゼンチン戦のループを気に入ってたっけ。
・A:78:ディバラ→ベルナルデスキIN。
・A:81:クアドラード→バルザーリIN。
・A:87:カンセロ→ドウグラス・コスタIN。
・後半AT3分。
・終了間際のマトゥイディのボール奪取、さすが。この試合でいちばん痺れました。
・試合終了後にまたもスタンドから乱入者。注目カードではあるけど・・・。
・モウリーニョ監督は、交代枠を使わなかった。1人も交代しなかったチームを見るのはいつ以来かな。
・ユーベは自己ベストのCLアウェイ5連勝とのこと。CL記録はアヤックスとバイエルンの7連勝だそうです。



[ジータス/BS日テレ]生
2018 ACL 準決勝2ndレグ
水原×鹿島 (2-3) 3-3 計:5-6
☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
配色:H:赤/赤/赤。 A:白/白/赤。
拍手:A:西
監督:H:ソ・ジョンウォン(韓国)
監督:A:大岩剛(日本)
会場:水原ワールドカップスタジアム(10/24 水)
主審:マーク・ガイガー(アメリカ)
現地:寺島淳司 城彰二 中田浩二
・寺島淳司、何回おんなじこと言うねん。
・日テレの実況アナは、スポーツ中継で徹子の部屋をやろうとするなよ。
・A:25:0-1(2-4):山本
・H:46:チェ・ソングン→パク・ギドンIN。
・H:52:1-1(3-4):イム・サンヒョプ
・H:53:2-1(4-4):チョ・ソンジン。立て続けに決められ合計得点はまだ同点も、鹿島はアウェーゴール数で劣るためこのままでは敗退に。
・H:60:3-1:ダムヤノビッチ。タコ殴り状態。これは厳しいか。
・A:64:3-2(4-5):西。さいきんすごい。悟りを開いた? これで追い付かれてもアウェーゴール数も同じなので延長戦へという状況に。
・H:73:キム・ジュンヒュン→チョ・ウォニIN。
・A:77:安西→永木IN。
・H:78:サリッチ→イ・ジョンソンIN。
・A:82:3-3(5-6):セルジーニョ右足で決めてACL4試合連続ゴール。これで鹿島は1点なら取られてもOKという状況に。
・A:84:土居→犬飼IN。
・後半AT4分。
・A:90+2:セルジーニョ→小笠原IN。
・鹿島、決勝へ。すばらしい。



【10/25】
ドラフト。
中日が根尾との交渉権を獲得。
ドラフトを見ていてあんなに大きな声を出したのは初めてだし、あんなに興奮したのは初めてでした。更に梅津、勝野、石橋、垣越、滝野、とすばらしい結果。僕より熱心な中日ファンの人達がこんなに最高なドラフトはなかったと言っているので、そういうことだろう。俄然、光が差してきたなぁ・・・。

【10/26】
あさイチで流れていたガッテン初回の映像、山本志保さんのスカートが当時の民放なんかを思ってもアナウンサーとしてはかなり短くて、びっくりした。穿かされてたんやろなぁ・・・。

【10/27】
コタツを作りました。



[フジテレビ]生
2018 JリーグYBCルヴァン杯 決勝
湘南×横浜FM 1-0
☆☆☆☆☆☆☆☆★★
配色:H:緑、青たすき/緑/緑。 A:青/白/赤。
拍手:H:梅崎
監督:H:チョウ貴裁(韓国)
監督:A:アンジェ・ポステコグルー(オーストラリア)
会場:埼玉スタジアム2002(10/27 土)
主審:木村博之(0/0|3/0)
試合:西岡孝洋 鈴木隆行 小穴浩司(P)
合間:ジョン・カビラ 鈴木唯
・今季のルヴァン決勝は神奈川ダービーとなりました。
・今大会のニューヒーロー賞はマリノスの遠藤渓太。しかし残念ながら今日はケガで欠場。
・コタツ、電源入れなくても暑い。
・国歌、コムアイ。
・ヤマザキビスケットのお菓子を買うと「リーグ杯を優勝したこともないクラブのファンがヤマザキビスケットを買っていやがるぜクスクス」という幻聴が聞こえる。
・試合開始からベルマーレが良い。
・西岡「大津はロンドン五輪のイメージではトップの選手という印象かもしれませんが現在はトップ下を……」って、何年前の話やねん。サッカーで6年というのは遥かな昔や。そんな昔の印象は言わんでも書き換えられてるとして処理しようや。知らんかった人はこれを見て発見したらええ。
・H:34:右クロス、山崎凌吾のダイビングヘッドは外れ。
・H:36:1-0:正面、杉岡大暉のミドルが炸裂。ゴラッソ!
・前半AT1分。
・前半はベルマーレの良いとこばかりが目立った。
・ルヴァンに「何を乗せてもおいしい」と言われると、ホントに!?糸こんにゃくでも?と思っちゃうんだよな。
・梅崎、たのしそう。
・スタンドに森保監督。そういえば試合前にYouTube等のJリーグ公式で久保竜彦がカメラで撮影してるのが配信されてたんだけど、そこにも森保監督ちょっと出てました。あのカメラを止めるなのポスターのパロディ、Jリーグ公式がやることにしてはかなり良かった。
・H:58:左クロス、ファーに抜けて金子大毅が胸トラップからシュート。左へ。
・A:59:正面、大津のボレーはGK秋元が抑える。
・「ハンド」って言い方をやめるべき時に来てるのかもしれんね。長くても「ハンドリング」と言うべきなのかもしれない。
・A:69:ユン・イルロク→イッペイ・シノヅカIN。
・A:70:正面やや右、天野のフリーキックは壁。
・A:71:イッペイ・シノヅカが左から仕掛けてクロス、中ウーゴ・ヴィエイラおしい。
・H:71:秋野央樹→松田天馬IN。天馬でタイトルを、それがホントのペガサスファンタジー。
・H:77:梅崎→高山薫IN。
・A:79:大津→伊藤翔IN。
・A:79:イッペイ・シノヅカが手で引っかけられて倒されるもPKなし。
・A:84:山中のキョーレツなフリーキックは右へ。
・H:87:松田天馬→菊地俊介IN。ケガではなさそう? これはつらいだろうな。
・後半AT4分。
・ベルマーレ優勝おめでとう。松田だけは複雑な気分かな。
・オレオで太ってRIZAPで痩せる。
・チョウ監督の涙に乾杯。



【10/27】
今年のメルティーキッスのCM、ホントに自然に無意識に「かわいい」って3回くらい言ってしまったな。



【NHKメモ】
18-19 プレミア 10節 サウサンプトン×ニューカッスル
向井一弘(東京) 木村和司

18-19 ブンデス 9節 ニュルンベルク×フランクフルト
下境秀幸(G-Media) 福西崇史

18-19 ブンデス 9節 ブレーメン×レバークーゼン
中村泰人(G-Media) 山本昌邦



[スカサカ]生
18-19 セリエA 10節 暫定
エンポリ(6P-18)×ユベントス(25P-1) 1-2
☆☆☆☆☆☆☆☆★★
配色:H:青/青/青。 A:白黒/白/白。
拍手:A:ロナウド
監督:H:アウレリオ・アンドレアッツォーリ(イタリア)
監督:A:マッシミリアーノ・アッレグリ(イタリア)
会場:スタディオ・カルロ・カステッラーニ(10/27 土)
主審:ジャンパオロ・カルバレーゼ(0/2|3/0)
下田恒幸 羽中田昌
・ユーベはキエッリーニが直前に痛めたらしく先発がルガーニに変更。右サイドバックは負傷明けのデ・シリオが今季初登場。
・H:28:1-0:アフリイェ・アクアーが右を突破(速い!)、折り返しのこぼれ球をフランチェスコ・カプートが左足で決めてエンポリが先制。今季4点目。
・ベルナルデスキの左足は純度100パーセント。混ざり気のないまっすぐな性質。僕はベッカムに近いものを感じている。言い過ぎとは思っていない。
・45:A:ボヌッチがシュートブロックした時にハンドリングがあったのでは?ということでVARが介入し、OFR。しかしPKにはならず。
・前半AT2分、のち3分に変更。
・ユーベの生中継ほぼスカパーになる感じなのかな。次もその次もスカパーだ。
・A:48:エリア内波状攻撃。アレックス・サンドロのシュートを近距離でイバン・プロベデルがセーブしたり、ピャニッチのシュートが左上の角に当たるなどした。
・A:54:1-1:ディバラがベナセルに倒されてユーベにPK。ロナウドが決めて同点。3試合連続、今季6点目。これがユーベ移籍後初のPKによる得点。
・A:66:ベルナルデスキ→クアドラードIN。
・H:69:アントネッリ負傷→パスクアルIN。
・A:70:正面右、ロナウドのすばらしいミドルが決まって逆転。いつかのユナイテッド時代のポルト戦を思い出しました。今回のはあれに比べるとやや距離は短いと思いますが。
・H:75:ザイツ→ウチャンIN。
・A:80:ピャニッチ→ドウグラス・コスタIN。
・H:82:ハメド・トラオレ→アントニーノ・ラ・グミナIN。
・A:90:デ・シリオ→バルザーリIN。
・後半AT4分。
・H:90+5:フリーキック、GKプロベデル上がる。
・後半AT、カプートの振り向き様シュートすごかった。決まらなかったけど。このくらいの規模のクラブにいる「曲者」とか「名うて」と呼べるような選手、たまらないですよね。

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 14:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM