<< 2246:天皇杯はJリーグではない | main | 2248:午前中は30度超えたらあかんやろ >>

2247:今大会がコメンタリー改革のきっかけになることを願う

【テレビ朝日】L
2018 W杯 準決勝
クロアチア対イングランド 1-1 延長2-1
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
配色:H:黒青/黒/赤。 A:白/白/白。
拍手:H:ペリシッチ
監督:H:ズラトコ・ダリッチ(クロアチア)
監督:A:ギャレス・サウスゲイト(イングランド)
会場:ルジニキ・スタジアム(モスクワ 7/11 水)
主審:ジュネイト・チャクル(トルコ 0/2|1/0)
VAR:ダニー・マッケリー(オランダ)
AVAR1:バスティアン・ダンケルト(ドイツ)
AVAR2:カルロス・アストロザ(チリ)
AVAR3:フェリックス・ツバイヤー(ドイツ)
日本:進藤潤耶 中山雅史 松木安太郎
合間:川平慈英 竹内由恵 セルジオ越後 中田浩二

[試合前]
・予想は1-2(ハズレ)。
・クロアチアは負傷が心配されたヴルサリコとレビッチが共に先発。あとブロゾビッチも先発。
・イングランドはいつもの。
・スタンド、サウスゲイト監督のそっくりさん。
・ユーベの選手がいるのはクロアチアだし、たぶんクロアチアが決勝に行った方が面白い試合になるのでクロアチアに勝ってほしいとは思うんだけど、決勝で見たいのはイングランドなんだよなー。
・今回、国歌が終わって選手が握手を始める時にかかる曲あるじゃないですか。僕はこれが好きです。

[前半]
・A:5:0-1:アリがモドリッチに倒されて得た正面からのフリーキック、トリッピアーが決めてイングランド先制。
・H:19:正面左ラキティッチのミドル、相手に当たっていたけどゴールキックに。
・準決勝からはルジニキとサンクトペテルブルクしか使わない。それなら移動も最小限ですむようにモスクワだけでやれないのかとか思ったんだけど、スパルタクは45000か。サンクトペテルブルクは67000ですもんね。ルジニキは80000。
・A:30:スルーパス、エリア内左ケインのグラウンダーシュートはスバシッチがセーブ。こぼれに更にケインが詰めるもオフサイド。たぶん最初にケインにスルーパスが出た時点でオフサイドってことだと思うんだけど、リプレイを見るとセーフ。まあどっちにしろシュートは決まってませんし、たぶん決まっていた場合はVAR介入で認められていたと思う。
・H:32:レビッチが自らの右クロスのこぼれ球を拾ってミドル、GKピックフォード正面。
・A:36:ケインがドリブルからパス。アリの左折り返し、正面リンガードのシュートは右。これは決まっていてもイングランドのオフサイドポジションの選手が1人GKの前にいたので、視界の妨げで認められなかったかもしれない。
・今日はヴィダがボールを持つたびにスタンドからブーイング。これは恐らく例のウクライナ寄りの政治的な発言に反発するものだろう。
・H:45:プレッシャーのかけられたピックフォードがキックミス。ラキティッチが持ち込むもシュートは打てず。よく守った。今日ちょっとバックパス怖いですよね。かなり乱暴なのも1つあった。
・AT1分。
・終了間際のクロアチアのセットプレー、前半終了のホイッスル後にロブレンが倒されている部分をVARが確認している様子だったが、何もなし。

[HT]0-1
・竹内アナがいちばん資料らしきもの持ってるやないか。進行表は川平慈英も持ってるはずだし、あれは明らかに進行表だけの量ではないだろう。

[後半]0-1
・テレ朝、というか松木さんは本当に審判が嫌いなんだな。何かされたんだろうか。どうしてそんなに審判にヘイトが向けられるようなモノの言い方をするんだろう? ツイッターの僕のTL、普段サッカーを見ないような人が「審判がダメみたいね」みたいなこと書いてるのを見ると、もう害悪でしかない。確かに今日のチャクルのチームは細かい判定ミスはあるけど試合を壊しているとかコントロール出来てないなんて状態になっているとはまったく思わない。これはW杯の準決勝だ。熱くなるのは当然だ。選手も視聴者もメディアもフェアプレーを心がけるべき。
・H:65:ペリシッチのミドル、ブロックに入ったウォーカーのみぞおち辺りにヒットしてダウン。
・H:68:1-1:右クロス、ペリシッチのジャンピング左足ワンタッチが決まって同点。今大会2点目。すごい位置で右足合わせたな。
・H:72:放り込まれたボール、イングランドのGKと最終ラインがお見合いする形になり奪われたところから、ペリシッチのエリア内左からの左足低いシュートは右ポスト。(この場面のリプレイが出たのは79分でした)
・A:74:スターリング→ラッシュフォードIN。
・A:77:リンガードのエリア内右シュートは左へ。
・H:83:ブロゾビッチの浮きパス、マンジュキッチのシュートはピックフォード正面。
・H:84:ピックフォードが出たところ、ペリシッチが浮き玉で狙うも外れ。
・AT3分。

[延長前半]1-1
・クロアチアは3試合連続、イングランドは2回目の延長戦。
・A:91:ヤング→ローズIN。
・H:95:ストリニッチ負傷→ピバリッチIN。右の内転というかとにかく右足が限界という感じ。
・A:97:ヘンダーソン→ダイアーIN。
・A:99:右コーナーキック、ストーンズのヘッドをヴルサリコが頭クリアー!
・H:101:レビッチ→クラマリッチIN。
・AT2分。

[延長後半]1-1
・A:107:ペリシッチの左クロス、中マンジュキッチ合わせるも近距離でピックフォードが右足セーブ。
・H:108:左コーナーキック、グラウンダーのパス、エリア内に入ってきたブロゾビッチが左足で打つも外れ。
・H:109:2-1:左クロス、クリアーのこぼれ球をペリシッチが頭で繋ぐ。エリア内、マンジュキッチが左足で決めてクロアチア逆転!!!!! 揉みくちゃになり巻き込まれたメキシコの男性カメラマンにヴィダがキス。
・A:112:ウォーカー→バーディーIN。
・マンジュキッチも脚が限界の様子。みんな限界だ。
・H:115:マンジュキッチ→チョルルカIN。
・A:トリッピアーも脚が限界。もう交代枠はないが続行不能で無念の試合離脱。悔しいだろう。
・H:119:モドリッチ→バデリIN。
・H:120:右サイド、スルーパスに抜けたクラマリッチがシュートを打つも外サイドネット。中でペリシッチがフリーだった。折り返すべきだったかもしれない。
・AT4分。このATはおかしいと思うけど、後半ATがおかしかったのはこの試合に限らない。ブラジル対コスタリカの6分を出したのはカイベルス。
・ドリブルするラキティッチとマッチアップするアリ、倒されて起き上がったところでラキティッチに掴みかかる。松木さん、この状況、この点差、この時間で負けてる側がイラついてしまうのは普通のことではないでしょうか。こんなのまで審判のせいにされては審判なんてやってられない。むしろこの場面チャクル主審は選手が集まらないように上手く捌いているのでは?
・A:120+5:イングランドのセットプレー、ピックフォードは上がらず。

[1-1 延長2-1]
・コメンタリーはともかく試合は良かった。僕はこの難しい試合をカード3枚で終わらせたチャクル主審にも拍手を送りたいです。VARが入らない細かい部分のミスがあったのは確かですが、チャクル主審は試合を壊してなんかいなかったです。
・両チームとも最後は限界に近かったと思う。クロアチアなんて今大会ノックアウトステージは全試合延長をやっているんだ。正に闘いだった。コメンタリーだけが場違いだった。残念だ。
・公式MVPはペリシッチでした。



【7/12】
本日のスカパーW杯おやじ会DAY23も午前5時から。今日は延長戦になったので番組開始時はまだ試合が終わっていなかったことになりますが、W杯に特化した内容ではないのにこの時間に2時間も生でやる必要性を感じない。正直今回のスカパーは、出演者、つまり日によっては面白いけど微妙な時間がありすぎ。映像がなくても今まで98年の500時間にしたって2006年のデータスタジオにしたって前回のプロホガソンにしたってあんなに素晴らしかったじゃないか。今日はまあ基本的には面白かった日ですが。

本日は、八塚浩、高橋茉莉、釜本邦茂、金田喜稔、えのきどいちろう、でした。

ついでに本日のNHKハイライト。
稲垣秀人(東京)、佐藤美希、福西崇史、でした。


【7/12】
植田がベルギーのセルクル・ブルージュに移籍するという報道。
昨年、ヨシプ・ウェバーが亡くなった時に調べたら圧倒的に「サークル」表記だったけど、あっという間に「セルクル」一色となった。

スポンサーサイト

  • 2018.09.23 Sunday
  • -
  • 16:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM